OHSU星図鑑

OHSU星図鑑

それぞれがオオサカの一番星!
きらきら輝く「OHSU 星」の
住人(教員)たちをご紹介

「誰かの力になる喜びを」。 日々、そんな熱い想いを抱きながら
教壇に立つ教員たち。
OHSU を医療・福祉・スポーツの
学びあふれる惑星に例えるならば…
そんな発想で、星を支える
各専門分野のプロフェッショナル、
個性豊かな「星人(= 教員)」たちを
ご紹介します。

星人File

山口 忍教授

Shinobu Yamaguchi

保健医療学部リハビリテーション学科
専攻科 言語聴覚専攻科

学生に対して
常に細やかに気を配る
コミュニケーション術の
達人!

笑顔の魔法使い!
常に愛を注ぐ
コミュ力星人

星人の特徴
分類
専門は聴覚障害補聴器・人工内耳ほか。OHSU星では専門基礎の「コミュニケーション・リハビリテーション学」などを担当
生態
自他ともに認める「赤ちゃんフリーク」。赤ちゃんへのプレゼントを研究室に常備し、卒業生に子どもができると渡している
弱点
赤ちゃんの無邪気な笑顔。見るだけで幸せな気持ちになり、街で赤ちゃんを見かけると、つい頬がゆるむ
モットー
学生が態度や表情も含めて発した「わからない」「辛い」などの“信号”は必ず受け止め、必ずアドバイスとして返すことが信条。

コミュニケーションは
すべての基本。
役割を真摯に
演じられる人になろう。
教育大学を卒業後、大学病院の耳鼻科に研究生として入学し言語聴覚士としてのキャリアをスタート。現在は、本学で教員を務めながら大学病院で、補聴器の役割を果たす人工内耳を調整する臨床に携わっています。私が共通科目で担当しているのは、「コミュニケーション・リハビリテーション学」。比較的新しい学問領域で、本学では開学時からカリキュラムに取り入れられました。
コミュニケーション能力は、セラピストにとって必要不可欠の要素。効果的な治療につなげるためには、スムーズな対人関係を築く必要があるからです。ただ、人は通常、無意識に行動しているため、他者と接するときにどんな行動が有効なのかきちんと理解していません。この授業の目的は、普段の何気ない行動を意識させ整理してもらい、適切な声のかけ方や振る舞いなど対患者さんに有効なスキルを理解し実践できる能力を育むことです。
すべてのセラピストは、俳優であり女優。そう考えるのは、役割を「真摯に演じる」ことこそ、患者さんと円滑な関係を築くベストな方法だと信じるからです。これは、家族や友人など、あらゆる人間関係にも応用でき人生を豊かにしてくれるでしょう。

OHSU星人からのMessage
私の研究室には突然、「先生!」と駆け込んでくる学生が数多くいます。私にとっては、学生はすべて「孫」のようなもの。どんな悩みにも、近所の「おばあちゃん」のように耳を傾けています。気軽に相談しに来てください。

星人File

藪中 良彦教授

Yoshihiko Yabunaka

保健医療学部リハビリテーション学科
理学療法学専攻

何よりも
子どもたちの生活を優先
「楽しい!」と感じてくれる
リハビリを!

情に厚い!
面倒見のよい
子どもFirst星人

星人の特徴
分類
専門は、小児理学療法・特別支援教育など。OHSU星では「理学療法概論」「小児科学」「小児期理学療法治療学」などを担当
生態
「それぞれの人は、自分らしく生きてかまわない」が信条。海外生活で悟り今に至る。最近の趣味は観葉植物。そして、教員として働くこと自体が趣味!
弱点
自分の娘。とにかく娘に対して弱い・甘い。なんだかんだで、最後は折れる。
モットー
専門的なテクニックに頼りすぎないことを心がけている。直近の結果だけに一喜一憂せず、子どもと家族の真の幸せを考え長い目で見守る。

子どもと家族の人生に
ずっと寄り添う。
そんな人を育てたい。
大学時代は、養護学校(特別支援学校)教員を目指していました。在学中に理学療法士という職業を知り、肢体不自由の子どもたちのために医学の知識をつけたいと、リハビリの専門学校への進学を考えるように。同じ頃、健常者と障がい者がともに暮らすフランスの共同体の考え方に感銘を受け、渡仏。4年間フランスで暮らす。帰国後は専門学校に入り、卒業後は日本における子どもを対象にしたリハビリの先駆者的な施設に入職。縁あって、本学で教員を務めています。
専門領域は、身体・知的障害を含む、障害を持ったすべての子どもが対象です。子どもは、ほとんどの場合、大人と違い自ら「積極的にリハビリを受けたい」と思っていません。そのため、何とかリハビリに積極的に参加してもらうために遊びを取り入れながら治療を行うのが基本。また、成人になっても完治しない場合が多く長期に渡って治療に携わるケースが多いのが特徴です。当事者だけでなく、その保護者など家族とも長期に渡って関わり続けることができます。患者である子どもと、その家族と長い道のりを一緒に歩んでいける仕事です。
子どもたち、保護者と同じ目線で一緒に頑張る。テクニックに走らず、長期的な視野を持って治療にあたる。これからも、そんな人材を育てていきたいです。

OHSU星人からのMessage
つまずいても学生が望みあきらめない限り、学生を援助していきたい。そんな考えで学生とつきあっています。実際、つまずいてもその後にぐんと伸びる学生もいます。OHSU星では、どの教員も同じ思い、同じ方向を向いて学生と接しています。ぜひ、一緒に頑張りましょう。

星人File

津村 宜秀助教

Yoshihide Tsumura

保健医療学部リハビリテーション学科
理学療法学専攻

神経の
リハビリは面白い!
科学の力を駆使して
学生の興味を呼び覚ます

脳を追究して
謎に迫る!
エビデンス星人

星人の特徴
分類
専門は神経領域の理学療法。OHSU星では「理学療法評価学Ⅲ(神経系)」を担当
生態
周りから「怒った顔を見たことがない」と言われる。最近のSTAYHOMEで昔の医療ドラマにはまる。主人公の成長する姿に共感し、思わずジーン…
弱点
とにかく「ビビリ」。映画館での大音量シーンで過剰に反応して飛び上がり、隣で座っていた奥さんにビックリされたことも
モットー
ネバー・ギブアップが信条。リハビリは即効性がなく長い道のりになる場合が。それでも諦めない強い気持ちで患者さんに接している。

もっと理学療法に
エビデンスを。
脳と体の動きの
メカニズムを探る。
スポーツ分野の理学療法士を目指して本学に進学。しかし、今は副学長の石倉先生が脳の機能やネットワークに関する知見をリハビリに活かす研究を行っており、その新規性や奥深さに惹かれ興味をもつように。すっかりその世界に引き込まれ神経領域の研究に力を注ぐようになりました。今は母校の教員に着任し、理学療法における運動機能と脳神経との関わりについて教えています。
一般的に、理学療法士が直接アプローチをするのは筋肉ですが、結局、すべての筋肉は脳の神経細胞につながり、その指示によって動いています。神経の活動は目に見えないため、経験を頼りに理学療法を実施する場面もあります。しかし、日々脳の機能が解明されている今、きちんとエビデンス(科学的根拠)に沿った“必要な活動”を導き出して治療をすべきではないか。そんな考えから研究を進めています。
健康な生活を追求する我々にとって、心(脳)と体が連動する仕組みを探ることは永遠の課題です。健康な生活を送るうえで、心(脳)と体がどう結びついているのかを探る学問の分野にも携わり、人の生活そのものに貢献できる発見を導き出したいと思います。

OHSU星人からのMessage
座学では理学療法の面白さを伝え、実習では“PTの覚悟”を教えています。リハビリを必要とする患者さんは、人生最悪の心理状態にある方々。それを幸せに導くのがセラピストの役目。粘り強く努力し、人の役に立つ人になろう!

星人File

井口 知也准教授(専攻主任)

Tomoya Iguchi

保健医療学部リハビリテーション学科
作業療法学専攻

認知症のリハビリなら
任せなさい!
最後まで
自分らしく生きられる
作業療法を

認知症の救世主!
サッカーと二刀流星人

星人の特徴
分類
専門は、老年期作業療法、人認知症高齢者に対する作業療法など。OHSU星では「老年期障害治療学」「作業療法研究法」を担当
生態
学生を楽しませることが得意。若い頃の夢は、「Jリーガー」「海遊館の飼育員」「セラピスト」の3択。叶わなかった2つへの情熱を、サッカーの指導員、金魚の飼育で満たす
弱点
涙もろい。頑張っている学生を見ると、つい目元がウルウル…
モットー
研究と実践は両輪。常に新しい情報を社会に還元することを考えている。人生の先輩に深く関わることで自分も成長できると信じている

人生の最終章を幸せに。
そんな気持ちで
幅広い活動を実施。
私は、本学と同系列の大阪リハビリテーション専門学校の一期生。卒業後は附属病院を持つ大学に編入しましたが、将来は大学病院で医療の最前線で活躍する作業療法士になりたい。そんな夢をふくらませていました。
ところが、初めて担当した患者さんは認知症の方。リハビリをしようにも、一日中廊下を徘徊するなど戸惑うことばかり。四苦八苦する日々が続きましたが、次第に「この人たちは私が助ける!」との熱い想いがこみ上げてくるように。これまで、認知症のメカニズムが全く解明されていなかった時代から、リハビリの側面から認知症を治療する研究に力を注ぎました。開発した「絵カード評価法」も、そのひとつ。認知症患者が人生で大事にしていることを具体的な場面を見せて探ることで、回復につなげる方法です。さらに、自治体や福祉協議会と連携し、健康な段階から予防し就業までにつなげる取り組みも行っています。
今は、かなり認知症の研究は進み、健常状態と認知症との間に「軽度認知障害(MCI)」という過程段階があることが分かっています。この段階であれば健常に戻れることから、その予防法を研究しています。認知症にならないためのライフスタイルを提案したい。そのために、全力投球しているところです。

OHSU星人からのMessage
作業療法士は、知識・技術・マインドの3つが揃って一人前。患者さんにとって、自分が“人生最後のセラピスト”になるかもしれない。そんな覚悟を持って120%の力を発揮して現場に臨めるよう、本学で学んでほしいと思います。

星人File

岡山 友哉助教

Tomoya Okayama

保健医療学部リハビリテーション学科
作業療法学専攻

障害があっても
元の暮らしがしたい
そんな患者さんを
ポジティブ思考へ変える

真摯に障害と向き合う!
癒やされ星人

星人の特徴
分類
研究内容は、「身体障害領域の作業療法」について。OHSU星でも同じ内容の教科を担当
生態
無類のコーヒー好き。ただし豆にはこだわらない。かなりの「緊張しい」だが、外からは必要以上に落ち着いて見られる。子どもと遊んでいる時間が一番の幸せ
弱点
頼まれると断れない。そのせいか、周囲には無茶ぶりぎみの友人多し
モットー
身体の回復は心の回復につながる。そんな信条のもと、一般的に理解されているとは言い難い作業療法を広く周知させるのが使命だと考えている。

体だけでなく「心」のケアも。
両方癒せる
セラピストを育てたい。
もともと、大学は法学部。卒業後は、介護用品などを病院に卸している商社に勤務していました。「もっと患者さんの近くで働きたい」。そんな想いが強くなり、専門学校に入って作業療法について学び京都の病院に入職しました。「作業療法士を育てて作業療法をもっと広めたい」。次はそう考えるようになり、教育者をめざして本学の大学院へ。念願かなって、本学で教鞭をとっています。
私が主に担当しているのは、身体障害のある患者さんへの作業療法。体を自由に動かせないために、箸やスプーンをうまく使って食べられない、仕事や趣味ができないなど病院で病気や怪我、骨折などによって、多種多様な症状を抱えている患者さんを、どう評価して作業療法を実践するのかを教えています。
作業療法の歴史をたどると、18世紀に行われた日常作業を通じて精神の健康を回復させる「道徳療法」から始まったと言われています。つまり、体だけでなく「心」の治療までを行うことが作業療法士の役目なのです。そのために、まずは身体(動作)の回復を、そして、心のケアも。そこまでつきあうのが作業療法士の仕事。一人の人に対して、広く深く関われることが魅力です。患者さんと真摯に向き合い癒したい。そんな人に学んでほしいと思います。

OHSU星人からのMessage
OHSU星で学ぶのは、医療・介護の専門職を目指す学生ばかり。同じ目標を持って切磋琢磨できる環境が整っています。私たちも、できるだけ学生の力になりたいと考えています。ぜひ、一緒に作業療法士を目指しましょう!

星人File

松井 理直教授

Michinao Matsui

保健医療学部リハビリテーション学科
専攻科 言語聴覚専攻科

音や言語の
成り立ちに魅せられ
とことん追究する
信念のひと

“言葉”を一生探りたい!
音にこだわる言霊ことだま星人

星人の特徴
分類
専門は認知科学、音響学、言語学。OHSU星では「音響学Ⅰ・Ⅱ」「言語学Ⅰ・Ⅱ」「音声学I・II」「心理測定法」を担当
生態
大学時代に学生オーケストラのサークルに所属しフルートを担当。今は演奏からは遠ざかっているが、音楽は今でも大好き
弱点
授業や研究が好きすぎて、打ち込みすぎて、それ以外のことまで頭が回らない
モットー
セラピストになるにはモチベーションがとても大切。やる気さえあれば夢は叶う。そんな気持ちで学生を全力サポート

言葉を知ることは
人を理解すること。
その奥深い謎をずっと追い求めて。
人は、言語など聴覚からの情報をどのように処理しているのか。言語学や音響学などの分野で、そうした研究を行ってきました。現在は教員を務めながら、筋肉の萎縮が進行する難病「ALS(筋萎縮性側索硬化症)」など、言葉を発することができない患者さん向けに、コミュニケーションを取るための音声プログラムや人工喉頭などの開発に関わる基礎研究に携わっています。
私たち人間は、単なる振動現象に過ぎない「音」を聞き分けることができます。例えば、ギターとヴァイオリンの音色の違いを簡単に判断できます。その一方で、一人ひとりの声の高低や音色が違うにも関わらず、共通の言語であれば誰が発音しても「エ」という音を「絵」という意味に理解することができます。こうした「音」の謎を、物理学と心理学の両方からアプローチするのが音響学です。担当科目では、音響学のほか、音声学や言語学といった領域の基礎を指導。学生が普段当たり前のように行っている言葉によるコミュニケーションを改めて意識してもらうことで、「話すことが当たり前でない」患者さんへの理解へとつなげています。
言葉を知ることは人間を理解すること。これからも、優秀なセラピストの養成を目指しつつ、言葉の謎を追い求めたいと思います。

OHSU星人からのMessage
医療現場では、ひとつのミスが致命傷。過失を防ぐために大切なのは、何事も論理的に考える思考力と、知識のもれがないか常に振り返る習慣を身につけること。意欲的な仲間とともに、セラピストに必要な素養を育みましょう!

星人File

吉田 文教授

Aya Yoshida

保健医療学部リハビリテーション学科
作業療法学専攻

動物たちは
最高のセラピスト!
その「優しい力」を
医療や福祉に活かす!

癒やしパワー全開!
動物大好き
アニマル星人

星人の特徴
分類
専門は、身体障害者補助犬(介助犬)、動物介在療法など。OHSU星では「作業療法技術論」を担当
生態
幼い頃から大の動物好き。獣医や動物園の飼育員を目指していたこともあるほど。家庭菜園、アロマセラピーetc.多趣味な星人
弱点
「可愛いもの」に弱い。研究対象は犬でも家では2匹の猫にデレデレ。毎朝、彼らに起こされるのが日課!?
モットー
作業は生活そのもの。その考えをベースに作業療法が人に与える力を理解し、知識を現場に還元できる人材の育成を目指すのが使命

人との強い絆がもたらす
セラピー効果。
ペットの不思議な力を
解き明かしたい。
ペットの犬と散歩をするだけで気分が晴れる。そんな不思議な経験をしたことはないでしょうか。私も、その大きな癒やし効果を実感していた一人。そのため、作業療法士として歩み始めた頃、動物を福祉や医療の現場に介在させる「動物介在介入」の考え方に共感し、補助療法の一つである「動物介在療法」についての研究をスタートさせました。
医療や福祉の現場で活躍するのは、訓練された犬。動物介在療法では、犬を訓練するトレーナーや現場で犬の行動をコントロールするハンドラーと呼ばれる専門家が彼らを病院や施設に連れていき、医療専門職の治療に協力します。患者さんのそばに寄り添い元気づける役目を果たします。そのセラピー効果は絶大で、例えば、幼い子どもが手術を頑張って受けいれるようになる、認知症の方が生き生きとした表情を取り戻すといった事例がいくつも報告されています。
今、「動物介在療法」とともに力を注いでいるのは、身体障害者の自立と社会参加を助ける「身体障害者補助犬(盲導犬、聴導犬、介助犬)」。その中でも手足に不自由がある方の日常生活を補助する介助犬の役割や効果を探ること。機能的な部分での評価だけではなく、利用者の人生そのものにどんな影響をもたらしているのかを明らかにするのが目標です。介助犬を、もっと有効に活用するための自助具の研究にも力を注ぎ、動物が持つ力を探り続けたいと考えています。

OHSU星人からのMessage
担当科目は基礎作業学の領域。そのなかで、リハビリテーションにおける動物介在療法、介助犬の効果と作業療法士の役割などを教えています。動物介在介入に関して学べる大学はごく少数。そんな貴重な環境で学び、作業療法に活かせる人材になってほしいです!

星人File

田中 稔准教授

Minoru Tanaka

保健医療学部リハビリテーション学科
理学療法学専攻

筋肉は自分の力で
変えられる!
探りがいのある
テーマを掘り下げる

筋肉は鍛えて強くなる!
運動第一ヘルシー星人

星人の特徴
分類
専門は筋萎縮予防の研究。OHSU星では「物理療法学」「運動器系の解剖学」「整形外科学Ⅰ」を担当
生態
フワフワして捉えどころがない性格だと自己分析。昔はプレーヤーとしてサッカーに熱中するも、今は、もっぱらネットの動画に集中
弱点
サッカーを「見るだけ星人」になってしまったせいで、筋肉ならぬ脂肪が増強。残念なヘルシー星人になりつつあるのが悩み
モットー
専門は基礎研究であっても、理学療法士として常に臨床につなげられる研究成果を出すのが目標

筋肉を維持する
最良の方法とは。
後継を育てながら
ともに解明を。
自分が選手として関わってきたスポーツに、医療の面から貢献できるような仕事がしたい。そんな思いを抱いていたものの、進学したのは工学部。エンジニアとして社会に出ましたが、理学療法士の業務を実際に見る機会を得たことをきっかけに一念発起。大学に入り直して念願の医療の世界へ。工学と理学療法両方の知識を活かし、「筋肉」を追究する道へと進むことになりました。
筋肉は使わないと、やせ細り萎縮していきます。私の専門は、この筋萎縮を防ぐ方法を考えること。研究を始めた当初は、身体の表面の筋肉を奥から支える筋肉に直接電気で刺激を与えることで機能を活性化するようなことを行っていました。最近では特に、癌の末期に筋肉が極端に落ちる「悪液質」の状態を防ぐ方法を見つけ出すことに注力。癌を発症する前も後も適度な運動を続けていることが効果的であることを実証し、国際学会でも発表しています。
筋肉は骨など他の部位と違って、個人の努力次第で丈夫にすることができます。仕組みについても謎が多く、研究材料としての興味はつきません。教え子の学生から研究を引き継ぐ後輩が出てきて、ともに切磋琢磨することが夢。その日が来ることを楽しみにしています。

OHSU星人からのMessage
学生に電気刺激療法を実際に試してもらったりなど、具体的な治療のイメージを持てるような工夫をして指導しています。他の星人方の熱さに負けないようサポートしますので、素直な気持ちで何でも吸収してください。

星人File

相原 一貴講師

Kazuki Aihara

保健医療学部リハビリテーション学科
理学療法学専攻

対象はどんどん広げる!
自由な心で
好奇心のおもむくままに

研究領域は∞!
活動的な
アウトドア星人

星人の特徴
分類
専門は、基礎理学療法、リハビリテーション科学。OHSU星では「日常生活活動学」「解剖学基礎演習」ほかを担当
生態
淡々とした風貌でありながら実は行動的で熱い。アウトドア好きで、特にロードバイクに熱中。週末には、大阪市内から京都の嵐山までを楽々走破
弱点
写真を撮られるのが苦手。どんなに笑顔をつくっても出来上がりに満足したことがない。ちなみに、写真に写ると「魂を取られる」からではない
モットー
理学療法であれ作業療法であれ最終目的は同じ。患者さんの日常生活を取り戻すためには、垣根をつくらず出来る限りの支援を提供したい

学生を巻き込み
学外でも活発に活動。
研究と教育両方に全力投球。
身体を動かすことが好きでデスクワークには向いてない。昔から、そう考えていました。身体そのものに興味を持っていたこともあり理学療法の世界へ。そのうちに、「自分の手で同僚をどんどん増やしたい!」と考えるようになり、指導者になる道を選びました。
理学療法の認識のひとつとして、外科的な手術後なるべく早い段階で歩行するのが効果的だとの考え方があります。ただ、歩行の回復には役立つとしても筋力は充分に回復するのか。さらには、歩行訓練の最適なタイミングは…などの疑問を解決するためにラットを使った実験を実施。まだ結論は出ていませんが、教員としての業務とは別にこうした研究も続けているところです。最近では障害者支援に注目するようになり、障がい者スポーツに関わる機会も多くなりました。中級者障がい者スポーツ指導員の資格を取得し、実際に知的障害の方々のサッカーチームをサポートするボランティア活動も学生とともに行っています。同時に、時代に対応した臨床実習のあり方を探るなど、教育者としての研究活動も進めていきたいと考えています。
これまで、自分の好奇心がおもむくまま新しいことに挑戦してきました。これからも、それは変わらないでしょう。

OHSU星人からのMessage
障がい者スポーツだけでなく中高生の部活を教員がサポートするなど、学外の活動に学生が参加する機会が多いのが本学の特徴。カンボジアへの海外ボランティア実習もあり、意欲さえあれば大きく成長できる環境があります。

星人File

牧之瀬 一博講師

Kazuhiro Makinose

保健医療学部リハビリテーション学科
理学療法学専攻

すべては臨床現場に
還元するため
学生とともに
知識をブラッシュアップ!

慢性期は任せなさい!
好奇心あふれる探究星人

星人の特徴
分類
研究内容は、慢性期の理学療法について。OHSU星では「理学療法評価学演習」「理学療法評価学実習」ほかを担当
生態
釣りやスノボなど以前はアクティブ系の趣味に熱中。最近は忙しすぎてどこにも行けず、電車通勤の合間の読書で気晴らし。…嗚呼、海と山が呼んでいる!
弱点
判断基準が独自すぎて周りに理解されない。美味しいもの(お酒・食事)の誘惑にも弱い
モットー
わからないことがあっても、まずは自分で考えること。これまで、そう常に考えて実践してきたことを、学生たちにも伝えたい

慢性期病院を経験後、
クリニックでのリハビリに従事
セラピストとしての
幅を広げて医療に貢献。
学生の頃から、特に慢性期のリハビリテーションについて興味を持って取り組みました。以来ずっと、慢性期の患者さんと向き合ってきました。ここ数年は、本学で教鞭をとりながら外来患者さんのリハビリに対応するクリニックで実務を担当。理学療法士としての幅を広げているところです。
慢性期のほとんどは高齢者。しかも、関節系や神経系の疾患など複数の病気を患って長期の入院生活を強いられ、完全な回復が見込めない方ばかりです。それだけに、患者さんの状態が少しでもよくなると感動もひとしお。大きなやりがいを感じます。慢性期は急性期・回復期に続く最終段階にあたるため、これが「最後のリハビリ」と考えて治療にあたる必要があります。一番難しいのは、回復の限界を見極めること。なんとか一人で身の回りのことに対処できるまでに導くのか、ある程度、ご家族など周囲の手助けを想定した回復状態で退院を目指すのか。医学的な知識に基づいて明確な目標を持ち、ケースに応じた細やかな対応が求められます。
これからの目標は、病気や身体の知識を一層深めてリハビリの現場に還元できるようにすることです。また、学生さんが興味を持って学べるように、一方通行の教える講義からの脱却を目指しています。ゼミで、学生と議論し合う症例検討の場を設けているのも、その試みのひとつ。学内外での活動を通じて医療に貢献したいと思います。

OHSU星人からのMessage
できるだけ、学生が医療現場をイメージできるようにと考えて授業を行っていますが、自分から関わろうという気持ちがないと実践感覚は身につきません。私たち星人には積極的に頼ってください。いつでも力になります。