医療・福祉・スポーツ分野で
運動機能回復の
スペシャリストを目指す。

保健医療学部 リハビリテーション学科
理学療法学専攻

専攻主任メッセージ

この大学で学ぶ学生には、国家試験に合格する力はもちろん、患者様と向き合う力、様々な人と関わりながら成長する力を身につけてほしいと考えています。
理学療法士は、病気やケガ等で日常の生活が困難となった方々に、からだの機能を回復する、生活に必要な動きをできるようにする等、人が生きていく事を支える仕事です。そこには、人の体のつくりや働き、病気の知識、検査や薬の知識等に加え、理学療法の知識・技術が必要です。しかし、大学の中で行われる授業、与えられた課題だけでは実際の患者様は治療できません。大学で知識・技術を学ぶ、現場でその使い方や考え方を学ぶ。この繰り返しの中で生きた知識が身に付いていきます。教員は、日々の教育・研究そして理学療法士として現場に出ながら、学生一人ひとりが力を身につけられるようサポートをしています。ぜひ本学で学び、誰かの力になる喜びを感じられる理学療法士になってほしいと考えています。

専攻主任
島 雅人

3つのポリシー

3つのポリシー

3つの特色

実習も国試対策も1年次から
教員のサポートのもと、1年次から提携病院で実習を行います。学内で学んだ理論や知識をしっかりと臨床現場に結び付け、学習ステップに応じて段階的に技術が習得できる実習機会を設けています。国家試験対策も、1年次から少しずつ、学習習慣や学習方法を身に付け、知識を積み重ねていけるよう、サポートしています。また、全学一斉試験や模擬試験を早い学年から導入しており、現在の到達度を確認しながら、各学年での学習に取り組むことができます。どちらも1年次から行うことで、知識や技術を積み重ね、段階的な成長を感じながら、PTを目指すことができるようなカリキュラムになっています。
熱心で細やかな学生サポート
各学年に複数名の担任(チューター)がつき、学習面だけでなく、大学での学生生活のことまで、きめ細かくサポートしています。また入学時より、少人数制グループ活動やスタディースキルを通じて、大学での学びはじめを、3年次以降の総合理学療法学や特別演習ゼミで、PTになる力を養い、興味ある分野を追求するサポートをしています。教員は、学生が卒業後PTとして正しい知識に基づいた治療や判断ができるよう、また社会にもとめられるPTになれるよう、日々熱心に教育に取り組んでいます。
多彩な臨床現場を知るプロが指導
教員は病院、介護老人保健施設、訪問リハビリステーション、研究機関、小児施設などさまざまな臨床現場を経験しているプロ揃いです。スポーツ分野をはじめとする学生のさまざまな志向に応えます。教員が行うゼミ活動では、実習とは別に、病院やスポーツなどの臨床現場の見学や、ボランティア活動に参加する機会を提供しています。学内の講義だけでなく、臨床現場での活動を通じて、また、各分野のプロである教員からの指導で、興味ある分野での活動や、将来の目標を実現出来るよう後押ししています。

目標資格(受験資格が得られるもの)

理学療法士(国家資格)受験資格

国家試験対策は1年次からスタート
充実した支援体制で2年連続で現役合格率100%。

2年連続100%!!2018年度合格率100%(全国平均 92.8%)2019年度合格率100%(全国平均 93.2%)

国家試験対策

関連資格

国家資格のほかにも関連資格を取得すると、自分のやりたいことに近づけたり、より広い分野で社会に貢献したりすることができます。本学では、福祉住環境コーディネーターのような関連資格取得に応じた講義を受講することもできます。

初級・中級障がい者
スポーツ指導員
活躍の場
  • 地域の障がい者スポーツ指導
  • 地域のスポーツ大会運営
  • 全国障がい者スポーツ大会帯同
社会福祉主事
任用資格
活躍の場
  • 福祉事務所のケースワーカー
  • 社会福祉施設の指導員
福祉住環境
コーディネーター
活躍の場
  • 訪問看護ステーションで福祉用具の適合
  • 市町村の住宅改修の計画作成
福祉住環境コーディネータ

試験に出る重要なポイントを的確に指導していただけました。
試験に向けて、徹底したのは配布プリントの見返しと過去問の解き直し。教科書も熟読しました。1から覚えることばかりでしたが、重要な点に的を絞って丁寧に教えてくださるので、合格できました。将来は患者様の住環境にも寄り添い、提案したいと思っています。

中田 佑香さん
岡山県 私立岡山県美作高校出身

卒業後の進路(活躍のフィールド)

生活機能支援機関
  • 急性期・回復期病院
  • 一般総合病院・整形外科病院
  • 精神科病院
社会生活支援機関
  • 介護保険施設
  • 就労支援施設・生活介護施設
  • 放課後デイサービス

求人状況(2019年度実績)

求人件数/求人者数
734件/3,034名 学生1名に対し約49名の求人数(求人者数÷卒業者数)

就職サポート

4年間の流れ

1年次

医療分野と理学療法の基礎知識の習得
人体の基礎や理学療法の基礎をメインに、医療人づくりやコミュニケーションに関する基礎、リハビリテーションの基礎について学びます。
(主な授業科目)
運動学総論、・・・

2年次

臨床医学と保健医療福祉分野の理解
専門分野の習得に向け、基礎となる学問を習得しつつ、スポーツ医学や高齢者福祉などの周辺分野についても学びます。臨床実習もスタートします。
(主な授業科目)
運動療法学Ⅰ、・・・

3年次

理学療法の専門知識と技術の習得
症例のほか、年齢や地域に応じた理学療法治療学を学びます。義肢装具も扱い、疾患の評価と治療の流れなど専門知識・専門技術を習得します。
(主な授業科目)
運動器Ⅰ〜Ⅲ、・・・

4年次

臨床実習による実践力向上と集大成
臨床実習により理学療法士に必要な治療技術を習得し、現場での課題解決力を高めます。4年間の学びを集大成し、国家試験に向け総仕上げを行います。
(主な授業科目)
総合理学療法学Ⅱ

分野ごと段階的に学ぶ
「ステップアップ・カリキュラム」

主な授業科目

スタディースキルⅠ・Ⅱ

くり返し学習することで更に理解を深めよう!
担任(チューター)が担当し、グループワークや実技練習、課題学習などを通じて、履修中の科目の理解をさらに深める手助けをしています。

運動学総論

人の運動の仕組みを理解しよう!
手や足が動く仕組みや「立つ」「歩く」などの運動の仕組みについて理解します。骨標本や人体に触れながら、具体的に確認しながら学んでいきます。

運動療法学Ⅰ

最も効果的な運動で、機能回復を目指す!!
人の身体の仕組み(解剖学・生理学)や運動の仕組み(運動学)をよく理解したうえで、身体の障がいにおける機能回復の方法や障がい発生予防の方法を学びます。

運動器障害理学療法治療学Ⅱ(スポーツ傷害)

講義と実技演習の組み合わせで「使える知識」を身につける
座学にて整形外科学で学んだ疾患の知識を復習し、疾患に応じた理学療法評価と治療の基礎を学びます。座学の次の実技は学生同士で実際に評価や治療を行い、自らの身体を使って技能と知識の理解を深めます。座学と実技を繰り返し、臨床実習で経験することが多い運動器(整形外科)疾患の評価と治療の流れを理解。

研修センターでの実習例

院内実習

対象者に対して、評価や治療を学生が実施。実際の対象者を前に、これまで学んできた知識や技術を活かしながら、適切な評価や治療を行うことに全力を傾けます。現職のセラピストである実習指導者と本学の教員による2人体制のサポートは、学生にとって力強い味方です。

講義/フォロー

提携病院内には、実技指導が可能な実習施設があります。その日の復習はもちろん、翌日以降の実習に必要な実技もしっかり練習できます。
学生は自分の担当する対象者の評価や課題を発表。大学の教員が修正点などを指導します。

記録

1日の実習内容を「デイリーノート」にまとめる作業は帰宅してから行うこともあります。
その日の復習にもなるので、知識や技術を吸収するため貴重です。

臨学共同参画センター

教員紹介

教員紹介

OHSU VOICE

患者さんの身体も心もケアできる理学療法士(PT)になりたい
患者さんの身体も心もケアできる理学療法士(PT)になりたい

大阪保健医療大学の学びの場は学内にとどまりません。地域社会など、すべてが学びのフィールド。「OHSU VOICE」では、そんな多種多様な学習現場の“声”を定期的に紹介していきます。

OHSU VOICEへ