2020 - 2021 WEBオープンキャンパス WEBでオープンキャンパスをご紹介します。

今後の開催日程・お申し込みはこちら

動画でチェック!

OCダイジェスト動画

在学生の本音(在学生座談会)

大学概要

理学療法学専攻紹介

理学療法学専攻紹介short ver.

作業療法学専攻紹介

作業療法学専攻紹介short ver.

在学生メッセージ

2021年度入試概要紹介

資料請求

大学概要

誰かの力になる喜びを。私たちはそんな願いを”リハビリテーション専門職の教育”の中に込めました

大阪保健医療大学(OHSU)は 開学124年の福田学園が運営しています。
それぞれの時代を支える専門家の育成、そのDNAを引き継いでいます。

大阪保健医療大学は2009年に開学

大阪保健医療大学(OHSU)は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を養成する単科大学です。
※言語聴覚士養成は大学2年課程

学生一人ひとりの力になる事、そして将来、誰かの力になれるように教え育てることが、OHSU教員の喜びです。

リハビリテーションに特化した小さな大学だからこそ、先生との距離が近く安心できる。一人ひとりに目が行き届いた教育で、大きな学びを提供することができます。

大阪保健医療大学は2009年に開学
  • 国家試験:充実した国家試験対策で、高い国家試験合格率
  • 就職:信頼される実績で、高い求人倍率
    理学療法学専攻56倍、作業療法学専攻86倍(2019年卒業生実績)
    公務員試験 5年連続合格の実績

リハビリ単科大学だからこそ!
OHSU教育の特色

  • 少人数グループ学習を1年より実施し、知識・技術のチェック体制を充実
  • 各学年に2〜3名のチューター(担任)を配置、科目担当者による個別相談
  • 通常授業で十分に学習ができなかった学生へのフォローアップ制度導入
  • 学年を超えた学習交流や、卒業生を中心とした学習支援員が学習をサポート
  • 医療現場に必要な技術は、病院に勤務するセラピスト(実習指導者)と教員が指導
  • 学内や提携病院で行う臨床実習では障がいのある方々と関わる機会をたくさん用意

多様な機会が用意されており、プラス1の力を身につけて社会に貢献できることも「OHSU 教育」の魅力!!

スポーツに特化した研究施設

彩都スポーツ医科学研究所

  • POINT1
    病態の解析
    新治療法の開発
  • POINT2
    パフォーマンス向上プログラムの開発
  • POINT3
    スポーツ傷害などの発症予防法の確立
  • POINT4
    健康増進プログラムの開発

社会貢献を通じた学び

本学と学生は様々な形で社会に貢献。学内で学びを、学外で経験を。

国際交流

障害者スポーツ支援

大阪府の中心部にあり、通いやすさと充実した大学生活が送れることも、OHSUの魅力です。

大学が楽しいから毎日が充実!自宅通学もひとり暮らしもエンジョイ!

「OHSU教育」を受けたその先に…
誰かの力になる喜びを。
卒業生からのメッセージ

OHSUで学んだからこそ、目の前の対象者のために頑張りともに喜びを感じられるセラピストになれました

リハビリは、私にとっても真剣勝負

阪和第二泉北病院 理学療法士/2018年大阪保健医療大学大学院 修了

過去を取り戻すのではなく今願う生活を叶える

工房「羅針盤」 作業療法士/2019年大阪保健医療大学 卒業 現・大学院生

必要としてくれる人のために技術と知識を磨き続けたい

和歌山県医科大学付属病院 言語聴覚士/2014年大阪保健医療大学 言語聴覚専攻科 修了

※詳細はブランドブックでご紹介(オープンキャンパスで配布)

誰かの力になるとうれしい。
でもそれは簡単なことではありません。
その人を思うほど、
自分の未熟さに気付かされる。
だから私たちは、
学び続けるのだと思います。
もっと力になるために。

理学療法学専攻の紹介

「理学療法」ってなぁに?

病気やケガ、加齢などでからだを動かしにくくなった様々な人に対して、運動機能の維持・改善を行います。
理学療法では「立つ」「歩く」といった動作がやりにくい原因を追究してその原因を治療によって改善していきます。
動作を行いやすくすることで、患者さんの生活や趣味の範囲を拡げたり、介護する人の負担を減らすことができます。

理学療法の中には、「運動療法」と「物理療法」などがあります。

運動療法とは?

患者さんの身体を動かす治療です。
肩や膝などの関節が動く範囲を拡げる「関節可動域運動」やストレッチング、筋力トレーニングなどがこれにあたります。
また、寝返りをする、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの動作の練習も運動療法に含まれます。

運動療法
物理療法

物理療法とは?

機器を用いて温めたり、冷やしたり、筋肉を動かしたりする治療です。
ホットバックやアイスパック、牽引、低周波電気刺激などがあります。

理学療法士はどんなところで働いているの?

医療機関(病院・クリニック)、老人保健施設、デイサービス、訪問リハビリテーションなどで患者さんの治療にあたる他に、市町村の健康増進事業で介護予防教室をしたり、スポーツチームで選手のコンディショニングやリハビリテーションを担っているセラピストもいます。

医療機関では病気や手術の直後の「急性期」、身体の状態が落ち着いた後に社会復帰を目指す「回復期」など患者さんの状況に応じた治療を行います。

どうしたら理学療法士になれるの?

理学療法士は「国家資格」です。
理学療法士養成課程をもった学校を卒業すると、国家試験の受験資格が得られます。
年1回(現在は2月)実施される国家試験に合格して「理学療法士」となります。

それでは、OHSU 理学療法学専攻での学びを通して、理学療法士になるまでを見てみましょう。

1年生 医学の基礎を学ぶ!

1年生では、解剖学、生理学、運動学といった人のからだの仕組みや動きを理解するために必要な基礎知識を養います。
骨の名前は? 筋肉の働きは? ホルモンって?…頭がパンクしそうになりますが、骨標本を使ったり、友達と一緒に勉強したりして頑張ります。

骨標本を使った解剖学の学習

9月には連携病院でセラピストの働く現場に伺い、実際に患者さんと接して何に困っていらっしゃるのかなど患者さんの声に耳を傾けます。

臨床実習: 患者さんとのコミュニケーション

2年生 病気をとことん知る!

2年生では「臨床神経学」「内科学」「整形外科学」といった臨床医学で病気について学びます。
また「理学療法評価学」では患者さんの障がいを評価する手段を学びます。
1年生の時の「基礎」がしっかり理解できていれば、楽ちん!

理学療法評価学(ROM測定またはMMT)

3年生 理学療法(治療)ができるようになる!

3年生ではいよいよ「治療」を学びます。
座学だけではなく、実技を交えた学習で実力をつけます。

関節可動域(ROM)訓練の実技授業

2月には3週間の臨床実習で、実際の患者さんのご協力のもと理学療法の評価、治療計画の立案を経験します。

4年生 臨床実習、そして国家試験に向けて!

4年生では4〜7月、8〜10月にそれぞれ9週間の臨床実習があります。
学内で学んだ知識を基に、現場のセラピストから理学療法を学びます。
患者さんの笑顔や「ありがとう」という一言でパワー100倍!

臨床実習:治療場面

臨床実習が終わると、国家試験へ向けてのラストスパートです。
みんな揃っての合格を目指して、一生懸命に取り組みます。

OHSUオープンキャンパスでは、「ミニ体験」プログラムで理学療法士の仕事や講義の一部を体験していただけます。 ぜひご参加いただき、実際に見て、聞いて、やってみてください。

作業療法学専攻の紹介

「作業療法」って?ひとは「作業」で社会とつながっている。

家族のための家事、アルバイトやパートなどの仕事、遊びなどの余暇活動、子供会や老人会・クラブ活動などの地域・社会活動などなど、人は社会とつながっています。
病気やケガ、障害がある人など、年齢に関係なく、作業を通して人は社会とのつながりを作ります。それらを支援するのが作業療法のお仕事です。
その対象は、小児期から高齢期までの方々、からだとこころの病気や障害がある方々、病気や障害になる可能性のある方々です。

「作業」を通じて社会とつながるために

作業療法では、身体の機能等の基本的動作能力、日常生活をしていくための応用的動作能力、仕事や学校での役割をこなす社会適応能力を支援し、作業をつうじて社会とつながる支援をします。

基本的動作能力
応用的動作能力
社会適応能力

作業療法士になるために、多岐にわたる知識を学びます。

  • 「基礎分野」として、科学的思考の基盤、人間と生活等を学びます。
  • 「専門基礎分野」として、人の構造と機能および心身の発達、疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進、保健医療福祉とリハビリテ―ションの理念を学びます。
  • 「専門分野」として、基礎作業療法学、作業療法評価学、作業治療学、地域作業療法学、臨床実習など、座学、演習、実習などを通して学びます。
基礎分野
専門基礎分野
専門分野

大阪保健医療大学で作業療法を学んでいる様子を見てみましょう!

「基礎分野」の学び、人々の人権や障がい者の人権、薬物による影響、災害の影響など心身の障害を受ける可能性のあることなどを、講義や演習等を通じて学びます。
その他には、英語などの語学、人間関係学や心理学などの人間の心理と関係に関する学問、情報処理や統計学などのプレゼンテーションに活用できる学問があります。

薬物に関する講義の様子

社会人としての学び

1年次より、臨床実習等、病院・施設での実習があるので、その為の準備をしていきます。それらに加えて、AED等の機器の使用方法をロールプレイング等で実践的に学ぶ機会など、医療人としての基本的な技能等も学びます。

マナー講座の様子
AEDの使用方法のロールプレイ

「専門基礎分野」の学び

身体のつくりや身体の機能について学びます。解剖学・解剖学実習など身体のつくり、生理学・運動学など体の機能について学びます。
病理学や内科学、整形外科学や神経学、小児科学や老年医学、精神医学など様々な、病気の発生機序や症状についても学びます。

解剖学実習での手部の骨の確認の場面
運動学・姿勢や動作の解析演習の様

「専門分野」の学び

作業療法を実践する際に必要になる障害の把握する方法を演習にて学びます。身体の障害、精神・心理の障害、発達期の障害、老年期の障害等々、様々な障害を把握します。また、作業を通じて社会とつながるには、日々の生活行為や仕事や役割を遂行するための支援方法も学びます。

作業療法評価での下肢筋力の測定方法の演習
作業療法治療学演習の一場面

オープンキャパスでは、作業療法の一部を感じられる体験内容を用意しています。

職業理解のためのmini体験

資料請求

施設案内

大学周辺の様子をご覧いただけます

大学内の施設の一部をご覧いただけます

【1号館】
【2号館】

Web Open campus 大学紹介ページを見ていただき、ありがとうございました。

リハビリテーションの仕事に興味がある人、誰かの力になりたいと思っている人本学で理学療法士、作業療法士、言語聴覚士(大卒者対象)を目指して、一緒に学んでみませんか?

今回紹介しきれていない「大阪保健医療大学の魅力」がまだまだ沢山あります。
ぜひ今後のオープンキャンパスに来て感じ取ってください。
皆様の来学を心からお待ちしています。

今後の開催日程・お申し込みはこちら