「生活機能支援」を
実践現場を通じて研究する
画期的な高度教育機関。

医学的・科学的視点で健常者、障がい者を問わず、
「生活機能」を支援する方法を総合的に研究。

身体活動をはじめ認知・コミュニケーション活動、
健康に生活するための体力維持・増進、疾病予防、感染予防など、
各専門領域で「生活機能」を多角的に洞察します。

高度な知識・技能を備えた
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、保健師、臨床検査技師、義肢装具士
を育成します。

大学院

大学院で学べる分野

大学院|夜間開講制

保健医療学研究科・保健医療学専攻
[生活機能支援学分野]

脳神経疾患身体障害支援学領域
「職業実践力育成プログラム」(BP)認定講座/専門実践教育訓練指定講座
運動器疾患・スポーツ傷害身体障害支援学領域
一般教育訓練指定講座
認知・コミュニケーション障害支援学領域
一般教育訓練指定講座
健康生活支援学領域
一般教育訓練指定講座

定員・修業年限・学位

入学定員 6名
修業年限 2年
学位 修士(保健医療学)
「脳神経疾患身体障害支援学領域」が、
文部科学省「職業実践力育プログラム」に認定されました。

本認定制度は、高等教育機関におけるプログラムの受講を通じた社会人の職業に必要な能力の向上を図る機会の拡大を目的として、大学等における社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムを「職業実践力育成プログラム」(BP)として文部科学大臣が認定するものです。本学においては、「脳神経疾患身体障害支援学領域」の研究科プログラムが、「職業実践力育成プログラム」(BP)として採択されました。

「職業実践力育成プログラム」(BP)とは

Brush up Program(BP)for professional ~職業実践力育成プログラム~

大学、大学院、短期大学及び高等専門学校(以下「大学等」という。)における社会人や企業等のニーズに応じた、主に社会人を対象とした実践的・専門的なプログラムを「職業実践力育成プログラム」(BP)として文部科学大臣が認定します。平成27年7月に制度を創設し、毎年新たなプログラムが増えていきます。

※正規課程と120時間以上の体系的な教育で構成される履修証明プログラムが対象です。

BPの
特徴
  1. 対象とする職業の種類及び修得可能な能力を具体的かつ明確に設定しています
  2. 関連分野の企業等の意見を取り入れているため、対象とする職業に必要な実務に関する知識、技術及び技能を修得できるカリキュラムとなっています
  3. 主に実務家教員や関連企業等と連携した授業やグループ討論、フィールドワーク等の科目で構成されており、実践的・専門的な授業を受けられます
  4. 修了者のキャリアアップの状況や修得した能力等の成果を公表します
  5. 社会人が受講しやすい環境を整備しています(週末・夜間開講、集中開講、IT活用等)

脳神経疾患身体障害支援学領域における特徴

学内の教員と、施設内の実務家の連携による⾼度な専門職を育成するプログラム。

BPプログラム「課題研究」イメージ図
BPプログラムの特徴
BPプログラムの「課題研究」においては、大学院生の臨地活動から課題となるテーマを抽出し、大学院生が勤務施設で担当する対象者の症例研究を行います。その研究指導にあたっては、キャンパス内での講義と演習指導にとどまらず、大学院生の臨床・臨地現場に指導教員が赴いて、対象者の状態や大学院生の介入場面を把握し、その場面で直接、助言と指導を行います。また、各施設のリハビリテーション部門で指導的立場にある実務家と連携し、指導教員と共に学生指導を行います。「修士論文」においても、研究を実施する施設と連携し、研究テーマの臨床的意義、各施設の特徴を活かした具体的な実験手順の作成、対象者の安全性等について、実務家と共に学生指導を行います。このようにBPプログラムは、臨床施設と密接に連携し、修了生が培った知識・技術・技能および研究成果を臨床現場に還元できるような教育課程を設定しています。

教育訓練指定講座

ハローワークWEBサイト

3つのポリシー

学びのポイント

「これなら学べる!」と好評。社会人を対象にした夜間開講制を導入
社会人が働きながら修学できるように配慮した夜間開講制を採用。さらに通常の夜間開講時間に受講できない学生に対し、土曜日、日曜日、夏季休暇に5コマ(9:00~17:50)の集中講義を用意。社会人の修学環境に柔軟に対応します。
専門的技能修得に向けた包括的・多角的な理解を促進。
社会人が働きながら修学できるように配慮した夜間開講制を採用。さらに通常の夜間開講時間に受講できない学生に対し、土曜日、日曜日、夏季休暇に5コマ(9:00~17:50)の集中講義を用意。社会人の修学環境に柔軟に対応します。
臨床・臨地実践との結びつきを重視した「特論演習」。
社会人が働きながら修学できるように配慮した夜間開講制を採用。さらに通常の夜間開講時間に受講できない学生に対し、土曜日、日曜日、夏季休暇に5コマ(9:00~17:50)の集中講義を用意。社会人の修学環境に柔軟に対応します。
社会への還元を目的に「特別研究」に取り組む。
社会人が働きながら修学できるように配慮した夜間開講制を採用。さらに通常の夜間開講時間に受講できない学生に対し、土曜日、日曜日、夏季休暇に5コマ(9:00~17:50)の集中講義を用意。社会人の修学環境に柔軟に対応します。

シラバス