オープンキャンパス

プラス1をモットーとする本学の特徴や、各専攻の学び、学生の一日などのご紹介に加え、理学療法士、作業療法士のミニ体験授業を実施します。
さらには、開学以来初の大改革である「チャレンジ(特待生)入試」を始めとする新しい入試制度の概要をご説明します。
本学の受験を考えている方はぜひお越しください。

2018-2019

夏のオープンキャンパス/入試対策講座

  • 次回開催7.29SUN
  • 8.5SUN 8.19SUN
  • 10:00-14:00(受付開始9:30)
    大阪保健医療大学2号館開催

PICK UP CONTENTS

  • 【プログラム内容】
  • 10:00~11:00 大学概要説明(学生メッセージ・入試説明含む)
  • 11:00~11:55 キャンパスツアー[ミニ体験(理学療法体験・作業療法体験) / 施設見学 etc]
  • ※同時刻に個別相談(各専攻教員・入試学費担当職員)を実施します。いずれかご希望のプログラムにご参加下さい。
  • 12:10~13:40 入試制度説明・推薦入試 入試対策講座(国語総合・数学)/ AO入試の過去の問題の視聴
  • 12:00~14:00 学生との交流・個別相談(各専攻教員・入試学費担当職員)
  • ※入試制度説明会終了後からの参加も可能です。

ミニ体験授業の内容はこちら

プログラム紹介

  • 大学概要説明

    本学の成り立ちや学び、就職などについてわかりやすく紹介します。パンフレットではお伝えしきれていない本学の魅力を知るチャンス!

  • 専攻紹介

    各専攻の特徴や学びを説明します。自分の興味や関心を掘り下げてみよう!

  • 入試説明

    チャレンジ(特待生)入試を始めとする入試の種類や受験方法、 その他のポイントについて説明します。

  • キャンパスツアー

    本学学生スタッフがツアーガイドとなり、学内の主要施設をご案内します。機能訓練室やADL室など普段見慣れない専用施設を見てみよう!

  • 職業理解のための
    ミニ体験

    各専攻毎に特色ある体験プログラムを実施します。自分の興味がある体験に参加してみよう!

  • 個別相談

    本学教職員が、みなさんが疑問に感じていることや不安に思っていること、入試や学費のことなど、なんでもお答えします。この機会にどんどん質問してみよう!

  • 模擬講義

    普段大学で行っているような授業を実際の先生が担当します。この機会に大学生の気分を味わってみよう!

  • 入試対策講座

    各入試の実施時期に応じて、科目ごとに過去問題の解き方や対策を解説! 入試対策講座の設定がない日は、 チャレンジ(特待生)入試の活用法や本学入試のポイントを詳しく説明します。

  • 学生との交流

    本学学生との交流時間を設け、実際の声をお届けします。説明だけでは実感が難しい、実際の学生生活などを確認するには絶好の機会です。

ミニ体験授業

  • 7/29(SUN)

    理学療法士の専門性 ~筋肉を知る~(理学療法学専攻)

    理学療法士は身体の動きを見る専門家(プロフェッショナル)です。身体の動きは、筋肉が関節を動かすことにより成り立っています。そのため筋肉を知ることは理学療法士にとって、とても重要です。
    ミニ体験では、筋肉の専門的な知識を感じ取れる身近な例を1~2つ実際に体験します。ある姿勢では力が入るのに、少し姿勢が変わると力が入りにくいといった不思議を体験します。体験を通じて筋肉の状態によって運動が変わること、理学療法士の専門性の一端を感じてもらえればと思います。

    介助犬とOT(作業療法学専攻)

    身体障害者補助犬とは盲導犬、介助犬、聴導犬の総称です。その中の介助犬は手や足に障害のある方の日常生活のお手伝いをします。障害のある方にとって介助犬がいる生活といない生活、どのぐらい違うかみなさんは想像できるでしょうか?
    介助犬は単なる可愛くて賢い犬ではありません。障害のある方にはなくてはならない生活のパートナーです。人間にはできない介助犬のスゴ技は「介助犬を使おう!」と思った時から始まります。介助犬のスゴ技が生活の中で活かせるように作業療法士が何をしているのか知りたくありませんか?生きている動物だからこそ感じる効果と介助動作の効果、その両方の魅力を持つ介助犬と作業療法の関係に迫ります!

  • 8/5(SUN)

    なぜヒトは転ぶのか? ~転倒について考えてみよう~(理学療法学専攻)

    みなさんは転んだことがありますか?
    ほとんどの方がこれまでに一度は転倒を経験したことがあるのではないでしょうか。
    私達は日常生活において、行きたいところへ移動するために歩く機会がたくさんあります。
    歩くという行為は、寝ている姿勢や椅子に腰かけて座っている姿勢よりも不安定になります。
    また歩いている最中は交互に足を振り出すため必ず片足で立っている時間があり、より不安定になるのです。転倒した場合、打ち身や擦り傷などのケガをすることもあれば、ひどいと骨折することもあるため、転倒を軽視することはできません。では、なぜヒトは転倒するのでしょうか?
    全てのヒトに起こる可能性のある転倒について考えてみましょう。

    作業療法 de 病院(作業療法学専攻)

    この講座では、評価についてお伝えします。評価とは患者さん1人1人の状況を把握することです。身体機能とよばれる体の関節や筋肉がどれくらい動くのか?という評価や認知機能とよばれる頭の働きについての評価など、体や心の状況を把握する方法をお伝えします。評価を正確に行うことで、1人1人に応じた作業療法プログラムを立てられます。評価に始まり、評価に終わるといってもいいくらい、作業療法士にとって評価は大事なものです。今回は、病院の作業療法で使用されやすい評価の中のいくつかを体験してもらいます。実際の作業療法場面がイメージできるように丁寧に説明しますので、楽しみにしていてくださいね。

  • 8/19(SUN)

    知ろう!体験しよう!!障がい者スポーツ(理学療法学専攻)

    理学療法士はパラリンピックをはじめとした障がい者スポーツもサポートしています。今回は、本学教員がパラリンピック選手等に実施しているサポートの様子を紹介するとともに、 参加者の方には障がい者スポーツの“体験”をしていただきます。 「来て、見て、体験して」障がい者スポーツのことや本学の取り組みを知ってください!!
    OHSUは全国に31大学、大阪には4大学(その内 理学療法士の養成校は2大学)しかない(公財)日本障がい者スポーツ協会 公認 中級障がい者スポーツ指導員の認定校です。障がい者スポーツの専門的な授業を受講でき、卒業時に中級障がい者スポーツ指導員の資格を得ることができます。

    作業療法を提案しよう(作業療法学専攻)

    私たちは障害がある方の生活がしやすいように作業療法を提案します。私たちの大学では障害のある方に協力者として来学してもらい,評価や作業療法の実践をしています。服がうまく着れない!ゴミ袋がうまく結べなくて困っている。これらは実際に障害がある方が生活で困っていたことでした。体に不自由があってもどうのようにすればこの作業がうまくできるようになるでしょうか。よいプログラムが提案できるよう一緒に作業療法を考えてみましょう。

個別相談随時受付中!

本学ではオープンキャンパスの実施日以外にも個別に随時、相談に応じております。
対応につきましては平日(土曜日、日曜日、祝日を除く)9:00~17:00となっております。
お気軽に大阪保健医療大学 広報までお問い合わせください。※事前予約制となっております。

問い合わせ先:0120-581-834

周辺マップ・ロケーション

学校法人福田学園 大阪保健医療大学
(1号館) 住所:〒530-0043 大阪市北区天満1丁目9番27号 TEL: 06-6352-0093 
(2号館) 住所:〒530-0043 大阪市北区天満1丁目17番3号 TEL: 06-6354-0091

GooleMapで見る


PAGE TOP