OHSU VOICE

在学生

身体と心のケアができるような理学療法士(PT)を目指します

保健医療学部 リハビリテーション学科

理学療法学専攻

籔田 一斗さん

身体と心のケアができるような理学療法士を目指します 大阪保健医療大学
僕がリハビリの仕事に興味を持ったのは、高校2年生の時に部活動で怪我をして、理学療法士の方に支えていただいたことがきっかけです。その方に憧れて、いくつかの大学のオープンキャンパスに参加しました。中でも、先生と学生の距離が近いことや、先生方と在学生スタッフの先輩方が親身になって僕の相談を聞いてくれたことがきっかけで、大阪保健医療大学(以下、OHSU)へ入学することを決めました!

大学での授業は座学だけでなく実技もあるのですが、特に好きな授業は「運動学」です。関節や筋肉の動き、歩いたり立ち上がったりする動作を自分たちで体験しながら、授業を受けています。実際のリハビリテーションの現場で、患者さんの動作から「何ができていないのか」「何をするのが難しいのか」といったことを判断することにも繋がるので、とても面白いです!

また、高校までと違いクラスメイト全員が理学療法士を目指しているので、放課後や空き時間に友達同士で分からないことを教え合ったり、先生方に質問をしながら、テスト勉強を頑張っています。

OHSUでは一定時間ボランティアに参加することで、「初級・中級障がい者スポーツ指導員」という資格が取得できるのも魅力です!!
僕はいくつかのボランティアに参加したのですが、特に印象に残っているのは、国際親善女子車椅子バスケットボール大会のボランティア参加です。
初めて経験するパラスポーツの現場では、様々な人と関わることができ、選手の熱意や試合・声援の迫力を肌で感じることができました。この経験を通して、スポーツの魅力を再発見しました!
僕自身、本当にいい経験ができたので興味のある方はぜひ参加してみてください。

大学での勉強は大変ですが、プライベートの時間も大切にし、休日はアルバイトや趣味の時間にも充てています!カメラマンのアルバイトをしているので、運動会などの学校行事に参加をしています。大人から子どもまで幅広い人と話す機会があるので、リハビリ職には欠かせないコミュニケーション能力が向上してきました!
また、映画鑑賞が趣味なので友達と一緒に観に行ったりして、リフレッシュもしています。

僕の将来の夢は、1人でも多くの患者さんを笑顔にできる理学療法士になることです。僕自身スポーツの経験があり、パラスポーツにも興味があるのでスポーツ整形を行っている病院で働きたいと考えています。

リハビリを受ける患者さんはたくさんの不安を抱えられていると思います。リハビリを通じて、そういった患者さんの不安を取り除くことで、身体だけではなく、心のケアもできるような理学療法士を目指します!

  1. ホーム
  2. OHSU VOICE
  3. 在学生
  4. 身体と心のケアができるような理学療法士(PT)を目指します