教員紹介

講師

井口 知也

 いぐち ともや

専門分野:
老年期作業療法学
人間作業モデルに基づいた作業療法
認知症を持つ高齢者に対する作業療法
知的障害者の作業参加

学位 作業療法学博士(首都大学東京)
略歴 的場病院,介護老人保健施設福久ケアセンター,あいのき通所リハビリテーションセンター,あいのきデイサービスでの臨床経験の後,大阪リハビリテーション専門学校専任教員を経て現職に至る.

大阪リハビリテーション専門学校作業療法学科卒業                               
金沢大学医学部保健学科作業療法学専攻卒業
金沢大学大学院 医学系研究科保健学専攻 博士前期課程修了
首都大学東京大学院 人間健康科学研究科 博士後期課程修了
研究活動 【論文】
認知症高齢者を対象とした作業リスト面接法(OLIM)の開発:作業行動研究,13(3),150-162,2010

作業リスト面接法(OLIM)の再検査信頼性と基準関連妥当性の検討~非認知症高齢者と軽度認知症高齢者の比較~:作業行動研,14(3),142-150,2010.

絵カードを用いた認知症高齢者の作業評価法の作成 ~絵カードの表面的妥当性の検討~:作業行動研究14(4),237-245,2011.

認知症高齢者の絵カード評価法の信頼性と妥当性の検討.作業療法,30(5),526-538,2011. など


【学会発表】
Developing Occupational List Interview Measure (OLIM) for the Elderly with Demtia.第15回世界作業療法士連盟世界大会,チリ,2010.5.

認知症高齢者の絵カード評価を 用いた2事例の検討-認知症高齢者に対するクライエント中心の考え方と作業に焦点を当てた作業療法実践を目指して ―.第21回日本作業行動学会学術集会,東京,2011.9.

認知症高齢者の絵カード評価法はクライエント中心と意味のある作業に焦点を当てた作業療法を促進する.第46回日本作業療法学会,宮崎,2012.6.

「認知症高齢者の絵カード評価法」が脳卒中維持期高齢者の作業的生活に良好な変化をもたらした事例 .第22回日本作業行動学会学術集会,東京,2012.9.

知的障がい者の社会参加を促進するFriendly Action-サッカーイベントへの取り組みに向けた実態調査-.第9回和歌山県作業療法学会,和歌山,2013.2.

カンボジアの児童養護施設で生活する子どもの作業的生活と将来の展望.第47回日本作業療法学会,大阪,2013.6. など
研究内容 認知症高齢者の作業参加とBPSDとの関連性に関する研究

認知症高齢者の意味のある作業を明らかにする作業評価法の開発(認知症高齢者の絵カード評価法)

人間作業モデルに基づいた作業療法実践に関する研究

知的障害者のスポーツ活動を通じた作業参加に関する研究
所属学会 日本作業療法士協会
日本作業行動学会(評議員)
日本作業科学研究会
日本保健科学学会
World Federation of Occupational Therapists
大阪府作業療法士会
和歌山作業療法士会
授業担当科目 基礎ゼミ
作業療法技術論Ⅱ
運動学各論
老年期障害治療学Ⅰ
老年期障害治療学Ⅱ
作業療法研究法
卒業研究
その他 【出前講座】
高齢期の作業療法