2020.04.20 作業療法学専攻COVID-19への作業療法的な対応 〜余暇編〜

作業療法学専攻の教員です。
現在、全国に緊急事態宣言が発令され、「3密」を避けて人との接触を8割減らすなど感染拡大を防ぐ取り組みの徹底がなされています。
皆さんも不要不急の外出を自粛されていることでしょう。
新型コロナウイルスは私たちがこれまで想像もしていなかった世界を作り出しています。
ウイルスから私たちの住む場所を守るための努力と同時に、心と体の健康にも気を配る必要がありますね。
 
世界の多くの人や団体が新型コロナウイルスへの対応を示しています。
私からはオーストラリア作業療法士協会が示したCOVID-19による日常生活の混乱への作業療法的な対応を紹介します。
https://otaus.com.au/publicassets/af469002-6f6a-ea11-9404-005056be13b5/OT%20Guide%20COVID-19%20March%202020.pdf?246d3087-7f6d-ea11-9404-005056be13b5
『余暇』とは、
自分自身のエネルギーを蓄え直したり、自分に喜びをもたらすような活動です
健康の維持のためには、このような活動を続けることがとても大切です
映像やテレビ漬けになることがないようにしましょう
 
オーストラリアの作業療法ガイドでは、しばらくの間、家で過ごすことになることを考えると、自分のプロジェクトを始め、やり遂げる絶好のチャンスであることを提案しています。
 
私自身、今までやりたかったけど、今まで長い間手を付けなかったことを考えてみると・・・・
 
『金魚の繁殖』です。
 
金魚を育てることは子ども頃からの私の趣味ですが、これまでにその繁殖までは手をつけることができませんでした。
そこで、『金魚の繁殖』を自身の余暇を通じた健康を高めるプロジェクトと決めました。
 
早速、飼育している金魚の中から繁殖に適した2匹を選び、落ち着いて繁殖ができる環境を整えました。
 
(どこに金魚がいるかわかりますか? 朱文金という種類です)
 
プロジェクト始めたばかりですが、よく体を動かしましたし、集中して金魚の専門書も読めました。
時間はかかりますが、これからが楽しみですね。
 
今回は余暇をピックアップしてお伝えました。
皆さんの今だからこそできる『自分のプロジェクト』を作ってみてください。

 


一覧に戻る

学部・専攻科・大学院

保健医療学部
リハビリテーション学科

専攻科