2018.12.09 理学療法学専攻作業療法学専攻国際障害者デー

12月3日は「国際障害者デー」です。
これは、1982年の国連総会で「障害者に関する世界行動計画」が採択された日で、
1992年に国際障害者デーとすることが宣言されました。
また、日本では12月9日を「障害者の日」と決めています。
この12月9日は、1975年の国連総会で「障害者の権利宣言」が採択された日です。
 
そして、先日の基礎ゼミナールのテーマは、「人権」でした。
講師は脊髄損傷がある木戸俊介先生。
「障がい者の権利と責任」について様々な視点を持ってエネルギッシュに話していただきました。
木戸先生の講義を聞いた学生たちは、自分の視野が大きく広がったのではないでしょうか。
その後のディスカッションでは、学生たちが熱い思いをぶつけ合いました。
最も印象に残った木戸先生の言葉は、
「一流は環境を作る、二流は環境を妬む、三流は環境を恨む」です。
学生の皆さんも諦めない心で目的に向かって進めるよう頑張っていきましょう。

一覧に戻る

学部・専攻科・大学院

保健医療学部
リハビリテーション学科

専攻科