2018.07.10 言語聴覚専攻科おにぎりを食べやすくするには?

6月18日の大阪北部地震後、おにぎりを少しでも食べやすい食材にするには
どうしたらよいかを大西先生と一緒に考えていました。
たどり着いたのは、カップスープにおにぎり(海苔を外す)を入れ、
増粘剤を入れて中華がゆもどきを作ること。
やや粒は立つものの、刻みトロミ食程度の嚥下障害の方には
食べていただけそうな印象です。
皆さんはJRAT(ジェイラート:大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会)
をご存知でしょうか。
今回の地震でもJRATが活動しました。
私たち言語聴覚士も構成団体の一つです。
いざというときにしっかりと動けるよう、
日頃から創意工夫を心がけ出来ることから
コツコツと取り組んでいきたいと思います(^^)/

一覧に戻る


PAGE TOP