就職・将来性

卒業後の就職先

理学療法士が活躍できるフィールドは、社会のニーズに合わせて年々幅広くなっています。主には一般病院などの医療機関ですが、高齢化社会に伴い介護施設やリハビリ施設のニーズも高まっています。なお、「病院」と一言でいっても種類は多岐に渡ります。入院施設のある病院では、主に「急性期」「回復期」「慢性期」という疾病期間に応じた病棟がありますし、対象疾患は、「脳神経外科」「整形外科」「心臓外科」「内科」など多岐に渡ります。他には、行政機関や学校などの教育機関、児童福祉施設などがあります。また、医療系や福祉系の就職先と比べて数は多くありませんが、スポーツ施設などで活躍する例もあります。

本学には毎年、医療・福祉関連をはじめ、リハビリテーションのエキスパートを必要とする各分野から、数多くの求人が寄せられており、学生たちは豊富な選択肢の中から、可能な限り自らの希望にあった進路を決定しています。

理学療法士の将来性

人口の高齢化が進むにつれ、リハビリを必要とする高齢者が増えており、介護が必要となる前に身体機能の低下を防ぐ予防リハビリ、さらに訪問リハビリなどのニーズも次第に高まっています。また、スポーツの分野でも、理学療法の手法を取り入れたコンディショニングに目を向けるチームや選手が徐々に増加しており、理学療法士の活躍の舞台として期待されています。これから理学療法士を目指す方は、訪問リハビリや介護予防にも対応するなど、多様なニーズに応えながら自身の専門性を深めることが必要とされるでしょう。

理学療法士の魅力

理学療法士は、リハビリテーションに関わる専門職で、国家資格を取得したところからが本当の理学療法士としてのスタートになります。
現場に出たばかりの頃は、患者さんともなかなかうまくコミュニケーションがとれず苦労することが多いかもしれませんが、様々な患者さんと接し、多くのケースに遭遇するうちに知識や技術が深まり、だんだんと自分に自信も生まれてきます。日々スキルアップしていく実感が味わえ、自分が成長すればするほど、たくさんの患者さんを笑顔にすることができる。それこそが、理学療法士の仕事の大きな魅力といえるでしょう。

大阪保健医療大学 卒業生メッセージ
〜理学療法士で活躍する先輩より〜

理理学療法学専攻(2015年卒業)
吉田 修樹さん
一般病院 勤務
大阪府私立阪南大学高校出身

患者さんの気持ちを把握しさまざまな工夫をしながら、楽しく臨めるリハビリを提供したい。

運動療法や物理療法などで患者さんの基本動作を取り戻し、改善を図りながら、日常生活動作(ADL)や生活の質(QOL)を高めています。また住宅改修などにも携わり、退院後よりよく過ごせるようにサポートするのも仕事です。患者さんとしっかりコミュニケーションを取り、困っていることや、その時の気持ちなどを把握し、関係を築くことが重要。さまざまな工夫をして、患者さんが意欲的に、楽しく臨めるリハビリテーションを提供したいです。リハビリの結果次第で、患者さんのその後の生活を左右するので、とても責任感が必要な仕事。その分、やりがいもあるので、セラピストになるために一生懸命勉強する甲斐はありますよ。この道に進んだのは、学生時代にバスケットボール部の練習中に肉離れを起こし、理学療法士の先生にお世話になったのがきっかけ。大阪保健医療大学への入学を決めたのは、他の学校に比べて臨床実習の回数が多いからです。一人ひとりの学生に対して熱心に指導してくださる先生方ばかりで、とても良い環境で学生生活を送ることができました。

理学療法学専攻(2013年卒業)
西野 将太さん
クリニック勤務(スポーツ外傷、整形外科疾患を担当)
大阪府 私立常翔学園高校出身

医療者の心理が対象者に伝わるので、ポジティブに考え、行動しています。

整形外科疾患やスポーツによるケガを中心に、理学療法を実施しています。1人あたり約20分~1時間の治療時間で、1日20人前後を担当。運動療法や物理療法、インソールの作成やテーピングなども行います。競技復帰を目指すレベルから、メディカルリハビリテーションやアスレティックリハビリテーション、コンディショニングまで対応しています。病は気から。対象者の心理面は治療に大きく関わり、医療者の心理面、喜怒哀楽も、対象者に伝わります。振り返りは必要ですが、常にポジティブに物事を考え、行動できることが重要です。学生時代にスポーツのケガでリハビリを受けた経験があり、理学療法士という職業を知りました。ケガや障がいの治療、予防という観点で、これからも競技に関わっていけたらと思います。大阪保健医療大学を進学先に選んだのは、実家から自転車で通える距離で、彩都スポーツ医科学研究所で動作解析等の研究ができることに魅力を感じたからです。在学中にさまざまな理学療法士の活動に参加でき、理想の理学療法士像を考えるのに役立ちました。

大阪保健医療大学の詳しい紹介はコチラ

学部・専攻科・大学院

保健医療学部
リハビリテーション学科

専攻科