就職・将来性

卒業後の就職先

作業療法士の活躍が期待される職場は、「身体障がい領域」「老年期障がい領域」「精神障がい領域」「発達障がい領域」の4つに分類することができます。「身体障がい領域」を扱う総合病院や整形外科病院、リハビリテーションセンターなど。また、高齢化により「老年期障がい領域」を扱う特別養護老人ホームや老人デイサービスセンター、訪問リハビリ分野での需要も増加しておりますし、「精神障がい領域」を扱う精神科病院、「発達障がい領域」を扱う小児病院や児童福祉施設、特別支援学校などもあります。

本学には毎年、医療・福祉関連をはじめ、リハビリテーションのエキスパートを必要とする各分野から、数多くの求人が寄せられており、学生たちは豊富な選択肢の中から、可能な限り自らの希望にあった進路を決定しています。

作業療法士の将来性

作業療法士のニーズは高まってきており、活躍できるフィールドも多いので、職場の選択肢・可能性広がっております。例えば、行政や介護関連の民間企業で働く作業療法士もいます。これからの時代は、「作業療法士としてどんな価値を生み出すことができるか」を追求していくことがより重要なファクターになってきます。医学は日々進歩していきますし、作業療法はまだまだ未開拓な部分のある分野ですが、その分、作業療法の新たな可能性を追求して様々なチャレンジをすることもできる魅力的な職業と言えるでしょう。

作業療法士の魅力

病気や事故、障がいなどによって、自分の思うように生活することができない人の「生きる力」を取り戻す・引き出すお手伝いをするのが、作業療法士の仕事です。障がいのある方の状態によってリハビリプログラムの内容は大きく変化するので、作業療法を受ける人の年齢、性別、性格などを考慮してプログラムを作成します。自ら考えたプログラムによって障がいのある方や施設の利用者の方が日常生活を取り戻し、笑顔になるのを見るのは、作業療法士として一番の喜びになるでしょう。

大阪保健医療大学 卒業生メッセージ
〜作業療法士で活躍する先輩より〜

作業療法学専攻(2013年卒業)
前田 祐作さん
一般財団法人 神戸マリナーズ厚生会病院 勤務
兵庫県立伊川谷北高校出身

さまざまな領域の先生方に学び、幅広い視点で作業療法を捉えられるようになりました。

急性期・回復期・維持期における整形疾患、脳血管障がい、廃用症候群など幅広い領域を担当。介入早期より、理学療法士・言語聴覚士・看護師などの他職種と連携し、在宅での生活を見据えた機能訓練やADL(日常生活動作)訓練を行っています。
1期生として大阪保健医療大学に入学した頃は、大学の歴史の浅さや、先輩がいないという点で不安がありました。しかし教員の先生方と互いに模索し合うことも多く、新たなことを生み出し、取り組むといった創造性や、チャレンジ精神を学べたと感じています。
助手として大学で勤務した際には、さまざまな領域の先生方と関わりながら専門的な知識を学習し、幅広い視点で作業療法というものを捉えられるようになりました。多くの先生や学生と関わり、柔軟な発想力や対応力が身についたと思います。

作業療法学専攻(2015年卒業)
福井 りなさん
ペガサスリハビリテーション病院 勤務
大阪府立藤井寺高校出身

海外スタディツアーやさまざまな臨床実習の体験で患者さんに寄り添って歩める作業療法士に。

身体障がい領域の回復期病棟で勤務。まだ技術も未熟ですが、日々障がいのある方と目標を共有し、試行錯誤しながらリハビリを行っています。大学での授業は机上だけに限らず、学生同士でコミュニケーションの練習をしたり、障がいのある方を学内に招いての模擬実習や、現場での臨床実習などのカリキュラムがあります。障がいのある方への接遇や対応を学ぶことができ、現在の現場で活かせています。
またカンボジアでのスタディツアーにも参加。身体障がいの治療が不十分な環境でありながらも、皆が力強く生きている姿があり、リハビリの普及の必要性と可能性を感じました。このような体験が出来るのも大阪保健医療大学ならでは。これらのさまざまな体験を経て、患者さんに寄り添って歩んでいける作業療法士に近づくことができ、やりがいを感じながら毎日を過ごしています。

大阪保健医療大学の詳しい紹介はコチラ