作業療法士になるには

作業療法士への道

作業療法士として働くには、作業療法士国家試験に合格する必要があります。この国家試験は、受験資格がある人しか受けることができません。

受験資格を得るための最も代表的な方法は、作業療法士の養成課程がある大学、短大、専門学校で3年以上学び、所定の課程を修了することです。

ただし、既に理学療法士の資格を取得している人は、作業療法士の養成校で2年以上学ぶことにより受験資格を得ることができます。それ以外にも、「外国で作業療法士の学校を卒業した」、もしくは「外国で作業療法士の免許を取得した」という人は、厚生労働大臣の認可を得ることにより受験資格を得ることができます。

作業療法士国家試験とは

試験問題は5択のマークシート方式で、5つの中から答えを1つ選ぶ問題と2つ選ぶ問題があります。試験は筆記試験の1日になります。重度視力障がい者の方のみ2日に分けて実施され、筆記試験(一般問題)と口述試験、実技試験があります。試験の場所は、「筆記試験」は北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県、沖縄県と全国各地で実施されますが、「口述試験」「実技試験」は東京都のみで行われます。試験は毎年2月下旬に実施され、3月下旬には合格発表が行われます。

試験科目

(1)筆記試験

一般問題
  • 解剖学
  • 生理学
  • 運動学
  • 病理学概論
  • 臨床心理学
  • リハビリテーション医学
    (リハビリテーション概論を含む。)
  • 臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び作業療法
実地問題
  • 運動学
  • 臨床心理学
  • リハビリテーション医学
  • 臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び作業療法

(2)口述試験及び実技試験

重度視力障がい者に対して、筆記試験の実地問題に代えて次の科目について行う。

  • 運動学
  • 臨床心理学
  • リハビリテーション医学
  • 臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び作業療法

試験合格率

作業療法士国家試験の合格率は例年80%程度となっており、かなり高いものになっています。しかし、実際には決して試験内容が簡単というわけではなく、合格レベルまでしっかりと勉強をしてから試験に臨む人が多い結果、このような高い合格率になっています。作業療法士国家試験では専門的な内容が問われますが、時間をかけて計画的に勉強すれば、合格することは決して難しくはないでしょう。

本学では常に国家試験を意識した講義で1年次から対策を開始しますので、計画的に試験に備えることが出来ます。

大阪保健医療大学の詳しい紹介はコチラ