作業療法士とは

生きがい支援の
スペシャリスト

作業療法士(Occupational Therapist / OT)とは、身体・精神の障がいにより日常の生活に支障が生じてしまった方が、自分らしく生活できるようにリハビリテーションを行う専門職です。作業療法士の活躍の場は、身体障がい、精神障がい、小児の発達障がい、高齢に伴う障がいなど様々な領域です。

高齢化により医療・福祉の在り方が大きく変化している昨今、専門職の需要拡大に伴い、作業療法士の重要性が大きくなってきています。

本学では、「自立」した生活の支援から、「充実」した生活の支援までを見据えた独自プログラムなどを用意しており、リハビリテーションのエキスパートを養成しています。

作業療法士の具体例

作業療法は、手工芸や遊び・スポーツ、会話や食事など様々な「作業」を通して、障がいのある方の生活の質の向上を目指すものです。日常生活の様々な場面で見る全ての活動が「作業」として、作業療法に応用されます。具体的には以下のような作業療法があります。

自助具を使った食事練習
手の動きをよくする訓練
入浴方法の検討と練習

作業療法士の役割

作業療法士の役割は、身体や精神に障がいのある方が、日常生活をスムーズに送るためにその人に合った作業療法を行い、問題解決のサポートをすることにあります。理学療法士が「歩く、立つ、座る」といった基本動作を回復したり、維持するためのリハビリを行うのに対し、作業療法士は身体を動かすためだけではなく、具体的な生活行為が向上できるよう支援していくことです。

作業療法士として大切なこと

作業療法士として、医学や身体機能に関する専門的な知識を備えていることは必須ですが、日常的な動作などについても興味を持つことが大切です。なぜなら、作業療法士は料理や食事、洗濯といった日常的な活動を分析し、それらを応用しながら、訓練に組み込んでいく必要があるからです。また、身体の仕組みだけでなく、人間の心・内面にも通じ、障がいのある方の立場からものごとを考えられるスキルも重要になります。

大阪保健医療大学の詳しい紹介はコチラ