プラス1の周辺環境

好立地の都市型キャンパスだから
学びやすいロケーション

大阪都心部から10分以内!

主要アクセス

4年間通うからこそ、アクセスはとても重要。大阪の中心にあるキャンパスは、様々な面でプラスです!

大学生活は予想以上に忙しいです。特に、国家資格の取得を目的としているので、毎日の授業をしっかりと理解していかないと、基礎から応用になるにつれて大変になります。また、臨床現場での実習やグループでの課題などもあるので、時間はとても⼤切です。大阪保健医療大学は、駅からスクールバスなどに乗ることもなく、最寄り駅から徒歩10分以内なので、通学時間も短く、勉強に遊びに時間を有効的に使えます。

アクセス方法

JR・京阪・地下鉄(谷町線、堺筋線)の4路線が使える抜群のアクセス!

最寄り駅からキャンパスまで、徒歩10分!

天満橋駅直結「京阪シティモール」はショップが充実。ユニクロ、GU、ABCマート、無印良品、スターバックスコーヒー、マクドナルド、ジュンク堂書店など、もりだくさん!

梅田から4分!難波から7分!

梅田は「グランフロント大阪」をはじめ、多彩なスポットやイベントで盛り上がる大阪一番のエキサイティングゾーン。難波は「道頓堀」をはじめ、エネルギッシュな若者文化を創造し続ける元気印が光る街。この2大エリアに近くてうれしい。

ラクラク通学で時間を有効活用

学校でしっかり復習。

学校から最寄り駅まで徒歩10分以内ということもあり、スクールバスなどの時間を気にせずに、放課後も教室や図書館で、しっかりと授業の復習などができます。特に国家試験の受験前は多くの学生がクラスメイトと一緒に遅くまで学校に残り、教え合いながら勉強しています。

学外実習や就職活動も便利

学外での活動がとにかく便利。

学年が上がるにつれて、学外での臨床実習が多くなり、学校と自宅との往復だけでなく、学校とそれら施設との行き来も増えますが、4路線・3駅が使える好アクセスなので、そのような時の移動もとても便利です。特に、忙しい就職活動の時は非常に助かります。

都市型・地域連携プログラムが充実

立地を活かした様々な連携。

都市には、医療関連の施設が多数あり、また、様々な福祉やスポーツのイベントも開催されるので、それらと連携したプログラムが充実しています。また、近隣に住まわれている障がいを持つ方の協力による学内実習なども都市型キャンパスのメリットです。

都市型ならではのキャンパスライフ

梅田も難波も寄り道感覚。

大阪の2大エリアであるキタ(梅田)、ミナミ(難波)にも近く、寄り道感覚で気軽に行けます。放課後、クラスメイトとの交流やアルバイトにはとても便利です。授業や実習、そして国家試験の勉強と、忙しい学生生活の中で時間を有効に使え、充実したキャンパスライフを過ごせます。

学部・専攻科・大学院

保健医療学部
リハビリテーション学科

専攻科